Archive for the ‘関西ビルフィッシュクラブ’ Category

講習会のお知らせ(関西ビルフィッシュクラブ)

2007-02-09

関西ビルフィッシュクラブ 第1回目の講習会を下記日程にて開催します。

※講習会に参加を希望される方は、0739-26-0045 までお電話ください。

※講習会は、基本的に座学2時間、実技(海には出ません)1時間の計3時間程度を予定しております。

日時: 2月18日(日) 13時~
場所: 田辺市民総合センター  Map

関西ビルフィッシュクラブインフォメーション

2007-01-14

 「関西ビルフィッシュクラブ」会員募集中!
ボートを持ってない方でもカジキ釣りなどのビッグゲームに挑戦できます!
関西ビルフィッシュクラブでは、どなたにでもご参加していただけるよう、何度も講習会を行います。第1回目の講習会は2007年の2月に予定してます。関西ビルフィッシュクラブに参加しなくても、講習会だけに参加していただいても結構です。参加無料です。
関西ビルフィッシュクラブは私がクラブ代表となりますが、私自身ひとりのアングラーとしてプライベートで参加します。クラブで行うことはすべてボランティアが基本となります。講習会で発生した会場費やボートの燃料代は実費精算します。
また、メンバーの記録の足跡を残すためにも、日本記録、世界記録の登録が必要です。
関西ビルフィッシュクラブは、ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)にクラブ会員として登録します。初年度は入会金¥4,000、年会費¥6,000 が必要です。次年度からは年会費の¥6,000のみです。みなさまのご入会をお待ちしております。⇒入会申込みはコチラから


※講習会は、基本的に座学2時間、実技(海には出ません)1時間の計3時間程度を予定しております。※5名以上集まれば、出張講習会の開催も検討します。ご相談ください。
講習会に参加を希望される方は、0739-26-0045 迄お電話下さい。講習会の詳細は、下記講習名をクリックしてください。※2008年度

No
講習名
開催日時
開催(集合)場所
備考
1
第2回関西ビルフィッシュトーナメント
7月19日(土)~20日(日)
周参見港
中止になりました
2
すさみの海への練習大会
9月6日(土)・7日(日)
すさみ港西波止集合

※2007年度

No
講習名
開催日時
開催(集合)場所
備考
1
第1回 講習会
2月18日(日) 13時~
田辺市民総合センター
2
第2回 講習会
4月8日(日) 9時集合
JR串本駅前(海上講習)
3
第3回 講習会
6月17日(日)
13時~15時
和歌山マリーナシティ
4
第1回関西ビルフィッシュトーナメント
7月28日(土)~29日(日)
田辺湾
5


紀陽銀行 田辺支店
普通 1260074
カンサイビルフィッシュクラブ オノウエテツオ
(または カンビル オノウエテツオ)
※初年度…入会金¥4,000、年会費¥6,000 計¥10,000
※次年度から・・・年会費¥6,000


関西ビルフィッシュクラブ コンセプト
1. わたしは海を汚さない
2. 仲間の船のレスキューは何よりも優先します
3. 安全思想の普及、生きて還る智恵を身につけます
4. 漁業者を尊重し、心から共存を願います
5. ボランティアを旨とし、地域振興に協力します
6. わたし達の釣り文化の発展と普及を目指します
7. 不定期にて講習会(勉強会)を行います
8. 毎年12月に総会と同時に忘年会(懇親会)を行います
9. 毎年1回、8月初旬にビルフィッシュトーナメントを行います
10. クラブマーク、ロゴ(別途定める)
11. 2008年、クラブ代表は尾上徹夫とする


スモールボートでカジキ釣りを!

2007-01-13

今トローリングの世界、ことにビッグゲームは、全国に数千人の愛好者が有り、すでに日本の釣文化として定着しています。そのほとんどが、大型クルーザーのオーナー達によって行われています。全国数十ヶ所に於いてビルフィッシュトーナメントが開催されています。一方、大型クルーザーのオーナーもあまり増えず減少傾向に有ります。若いオーナーが増えて、世代交代がなされていない様に思います。
又、20フィートから30フィートのボートオーナー達は、ビッグゲームは自分たちとは関係無いと考えておられる様に見受けられます。
私は20年以上前の話ですが、19フィートのボートに長く乗りました(8年ぐらい)そして、大阪湾や紀伊水道で釣り(トローリング)をしていました。ビッグゲームをやる時は、当時の釣り仲間4人ぐらいで、串本の昇龍丸をいつもチャーターしていました。
和歌山県の田辺に移住して、13年になります。もっと黒潮が知りたくてこちらに来ましたが、色々な事がわかりました。紀伊半島の白浜町椿のあたりから串本にかけて急に大陸棚が接近しています。沿岸3マイルから5マイルことに水深200mラインは時としてカジキの宝庫となります。数十本のカジキが毎年7月、8月に釣られています。もちろん黒潮の接岸状況や黒潮の反転流等の具合にもよりますが絶好のポイントと云えます。田辺からは椿まで30分ぐらい水温によっては田辺沖からルアーを流せます。
この3年程、毎年23フィートぐらい100PS~115PSの船外機艇でカジキが釣られています。
海の年寄達は20フィートなんかで沖へ出ていっては危ないじゃないかと云います。もちろん時期をまちがえると危ないですが、梅雨明けのカンカン照りの日、沿岸5マイル前後でカジキが釣れれば決して危なくないと私は思います。
今年から梅雨明けに20フィートから参加のできるトーナメントを1日だけですが予定しています。
その為に関西ビルフィッシュクラブを設立いたしました。すでに15名の仲間が参加しています。2月18日、4月8日と2回の講習会が行われました。
※当日の様子はこちらから⇒第2回関西ビルフィッシュクラブ講習会
このクラブは、いままでボートに乗っていても外洋に出たことがないとか、ボートを持っていないけど情熱の有る方とか、小さなボートのオーナー同志でお互いクルーをしながらとか、大きなクルーザーを持っていなくても、黒潮の海に出てカジキが釣りたいという情熱さえあれば、何とでもなります。
ちなみに4月8日は初カツオを各自1本づつおみやげに持って帰り、カジキちゃんでカジキの講習を無事終えました。

2007年4月10日 尾上 徹夫

新しい情報へ »
Copyright(c) 2010 KOLK All Rights Reserved.