Archive for the ‘最新釣場情報’ Category

恐るべし「エビング」、マグロがポンポン釣れるョ

2012-09-12

9月8日、私は紀州かつお釣り達人セットとバクダンセット、ヨコワ用潜行板の使用法レクチャーの為、田辺の稲田マリーナ所属の「サン」の澤田オーナーにお供して、早朝5:00に集合。

雨で少し出遅れましたが、田辺から方位260°、9マイル沖にある波浪観測ブイを目指しました。

北緯33°38′。東経135°09′のところです。

(さらに…)

釣果情報9月2日

2012-09-07

9月2日、関空マリーナ所属のイーグルの後藤オーナーが江須崎から串本の間、和深沖。

緯度経度は25-36、水温は28.2℃

160kgのクロカワカジキをランディング。

「おめでとうございます。」 (さらに…)

KOLKの赤目伝説が生まれた

2012-08-22

えらいこっちゃ、ちょっと皆さん聞いて下さいヨ!

8月18日、鳥羽マリーナ所属のFUKUSUKEの長谷川オーナーから電話が入りました。

(以下、長谷川オーナーの会話[長]、KOLKおやじの会話[お]で表記します)

 

[長] 「大王崎で尾上さんの赤目ルアーで、ファーストマーリン釣れましたヨ」

(さらに…)

続いて、赤目ルアー釣果報告

2012-08-08

去る、7月13日、14日、15日とロイヤルパインズカップ和歌山ビルフィッシュトーナメントに、コンドルチームと一緒に参加してきました。

当初、3日の予定が悪天候の為、初日の13日は中止となり、14日、15日の2日間で行われました。 (さらに…)

KOLKソフトルアー緊急報告

2012-07-02

6月29日、30日と串本町で開催されたJBTKにエンタープライズがフィッシングエイトチームとして参加してまいりました。

私もクルーとして参加しました。

大会本部の指示で28日は悪天候の為、29日の洋上エントリーが可能だということで、29日の午前4時に田辺を出港、串本の南10マイルあたりからエントリー。

(さらに…)

[釣場速報] 連休のかつお報告

2012-05-23

クーラーがかつおで満タンです今年の連休前半は、予想通り豊漁でした。

 

28日、29日は、いずみさの関空マリーナのかつおクルージングで私もすさみ港へ行ってお手伝いをしてきました。

今年、紀州かつお釣達人セットをお買い上げいただいた、関西マリーナの西村さんも結構かつおを釣っておられて私も「ホッ」としました。

関西から来られたほとんどのオーナーさん、クーラー満タンで帰られました。

 

この写真は、広島県の田中さん。クーラー3本満タンです。

広島の田中さんの釣果 クーラーがかつおで満タンです

この田中さん、昨年のこの時期に紀州かつお釣達人セットを買っていただいて、今回まで6回、こちらに釣行されて、1度もボーズなし。

前回が少なくて、4~5kgのヨコワが3本です。

とうとう、田辺へ船を係留されて、私が船(ヤマハMX40)の管理をさせていただいております。

連休後半は、5日~6日が良く釣れました。

釣場速報 連休はかつおで

2012-04-24

4月10日、串本港にかつおの1本釣船も含めて、かつおが1.5トン水揚げされました。

12日も串本の漁師さん達、各船300㎏~400㎏の豊漁です。

私、KOLKおやじもエンタープライズで13日、14日と串本港へ入港しました。

13日は、北緯33°17’、東経135°40’あたりで、ポツリ、ポツリと4本のカツオが釣れましたが、漁師さん達はボーズの船が多くて早々に引き揚げたようです。水温が18℃しかありません。

翌14日は、1本だけかつおを追加。33°20’を越えるあたりまで、20℃の水温がありました。

 
(写真は14日の釣果:カバの歯 タコベイト

先週19日、20日、21日は33°20’、135°20’あたりで、田辺の漁師さんは60本~80本ほど釣っています。水温は18℃~19℃でOK。

すさみ沖3マイルあたりでも釣れています。

22日は大シケで波が残りますから、25日ぐらいからの情報町ですが、それでも出漁した船は23日、33°30’、135°14’あたりで300㎏の豊漁だったそうです。

連休は期待できそうです。

[釣場速報] エンタープライズ 3月30日田辺港へ

2012-04-04

エンタープライズ、3月30日田辺港へ

入港前に、すさみ沖10マイルの釣果
ヨコワ4.5㎏ 水温19.5℃
ルアーは、天然素材カバの歯、3.0号のタコベイト

翌31日は大シケにて出港せず。

4月1日も波高し、水温も水汐のせいか17℃しか無い。
現状は北緯33°20’ 、東経135°00’ あたりではカツオの魚影有。

漁師さん達は、土佐バエでキハダのひっさげ(10㎏前後のもの)を釣っています。

  

平成24年4月4日 報告
尾上

他に類の無い、すばらしい高石マリーナのフィッシングクラブ

2012-03-26

3月11日、高石マリーナのハーバーマスター肥子氏に誘っていただいて、高石マリーナ・フィッシングクラブの海開きである発会式に参加してきました。

武田会長の挨拶に続き、様々な行事説明、メンバーやクルーの自己紹介、無線のコールサイン等々のあと、私が驚いたのは魚供養の神事です。

  

羽衣浜神社の神主様が2人おいでになり、マリーナやボートオーナーのお払い刃が出てきて「エイ、ヤー!」とお払いして、又桟橋にて神酒や塩で清めて、その後生かしてあった魚を各オーナー方がタモですくって桟橋から放流します。

  

玉串の奉てんもあって、かれこれ1時間の大掛かりな神事でした。

これを36年間やってきたそうです。私も30年程前からのお付き合いですが、今回、発会式に参加させて頂いたのは初めてです。

高石マリーナと言えば昔から名門マリーナとして有名です。先代のハーバーマスターも肥子さんと言って、現ハーバーマスターのお父さんで、この人も名ハーバーマスターとして長年務められました。

オーナー方の釣り方から、エサの調達に至るまで誠心誠意の対応で今でも語り草になっています。

現ハーバーマスターも挨拶の中で一番にお客様の安全と言う言葉が出てきます。このハーバーマスターの精神ベースはやはり先代から受け継がれたものと私は感じました。

昔、高石マリーナにボートを置いていたというオーナーは関西各地のマリーナに多くおられますが、やはり釣りが上手で紳士的な方が多いです。

  

エンタープライズ、今年の初マーリン、ランディングに成功

2012-03-19

[釣り場速報]

エンタープライズ、今年の初マーリン、ランディングに成功!

 

3月15日、串本港から前泊にて午前5時30分出港し、カツオ釣りに出ました。

私も同行しました。 (さらに…)

« 古い情報へ
Copyright(c) 2010 KOLK All Rights Reserved.