Archive for the ‘トローリングを極める’ Category

トローリングタックルについて

2011-12-31

トローリングについて

トローリングに於いてのタックルは「より細い糸で、より大きな魚を釣り競う」という観点から1960年にアメリカで制定された国際釣魚規則の中で2,4,6,10,16,20,30,50,80,130の各Lb(ポンド)クラス10のラインクラスに分けられています。例えば50Lbクラスのラインで魚を釣ったとしたら、魚の大きさは別として世界記録に申請した場合、申請書に魚とタックルの写真、使用したラインを15m程サンプルラインとして提出します。審査会ではサンプルラインをラインテスターに掛けてテストします。そしてそのラインは50Lb以内の力で切れなくてはいけません。切れない場合はファウルになり、申請は却下されます。

このようにトローリングのタックルは、ライン強度がすべての基本になります。50Lbならば50Lbラインに応じたロッドの太さ。リールの大きさ、そのラインが1000m巻けるものをWといいます。例えばペン社のリールで50STWといえば、50は、50ポンドライン、Sは2段変速、Tは一体構造、Wはワイドで1000m巻けるということです。

あと大切なのはドラッグ装置です。ドラッグ値とは、ラインがリールから引き出される力の事です。ドラッグ値の設定はそのライン強度の1/4にします。レバードラッグの場合、レバーをストライクポジションにしておいて、その時引き出されるラインの力が50Lbの場合を6.5kg、80Lbの場合9kgということで釣行の前に必ずラインテスター(ばねばかり)で計ります。

そのタックルのライン強度の1/4で魚がいくら引っ張ってもラインに傷でも無い限りは切れっこ無いのです。それを1000mの範囲内でラインが出たり巻いたりするわけです。

50Lbの場合、6.5kgのテンションが魚の口にかかっている訳です。この6.5kgがこちらの武器なのです。魚は何か口に力がかかっているので、必死で逃げようとします。それは私たちが地下鉄の階段を力いっぱい駆け上がるのと同じことです。30分から1時間ぐらいでカジキもバテます。そこをギャクを打って、ランディングをするのです。だから結構安全な釣りです。心が屈強な女性であれば、女性でも大きなカジキが釣り上げることができます。

「老人と海」のサンチャゴ爺さんもリールとロッドがあれば、背中や手のひらにヤケドをせずに鼻歌で、あの大きなカジキが取れたかも・・・。

もちろん、それぞれに細かいテクニックが有りますが、それはまた別の機会に。

老人と海を解析する

2011-12-08

釣りの世界ではナイロンテグスとリールの発明が「文明開花」であると云われます。

あのノーベル文学賞、アーネスト・ヘミングウェイの名作「老人と海」に登場するサンチャゴ爺さんのヒットしてから銛を打つまで48時間の死闘を、そのボートから仕掛け、餌にいたるまで細かく解析して現在の文明の利器であるリールのありがたさを理解することは、これからあなたが直面するであろう50kg越えのマグロをいかにランディングするかに通じるものがあります。
今回の舞台であるキューバ近海は、メキシコ湾流よりもカジキの種類が2種類多いのですが、あとは同じ魚達が棲んでいます。

それでは、のに物語のデータを紹介しておきます。

サンチャゴ

年齢不詳。「この男に関するかぎり何もかも古かった。ただ目だけがちがう。それは海と同じ色をたたえ、不屈な生気をみなぎらせていた。彼の内には希望と自信とがまだ燃え尽きていない。」

釣った魚の大きさ

18フィート(5.4m) 1500ポンド(675kg)

魚種

カジキ。英名ブラックマーリン。日本名シロカワカジキかブルーマーリン、クロカワカジキと考えられる。

ファイト時間

出漁した日の昼頃にヒット。翌々日の昼に銛を打つまで48時間。その翌朝港に帰るまでサメとの死闘がある。

ボートの大きさ

推定16フィート(4.8m)

装備品

へさきに置いた水の入ったビン。
マストと巻き付けた、つぎはぎだらけの帆。
縒りの強い褐色の綱の入っている木箱。
綱の太さはエンピツ程。約6mmぐらい。
魚鉤(ヤス)
柄にロープのついた銛(モリ)
ナイフ
棍棒(コンボウ)2フィート半(75cm)
舵板と舵棒
餌箱(鰯とマグロ2つ。昨日のつむぶりとひらまさ)

仕掛

4本の綱(6mm)
①の餌は深さ40ヒロ(60m)つむぶりと鰯の房がけ
②の餌は深さ75ヒロ(112.5m)ひらまさと鰯の房がけ。
③の餌は深さ100ヒロ(150m)まぐろと鰯の房がけ。
④の餌は深さ125ヒロ(187.5m)まぐろと鰯の房がけ。
①②③は生木の枝に結んである。④は足に一巻きして指の間に綱を通してアタリを見る。

それでは、「老人と海」の一部を見ていきましょう

なるべく綱が垂直におりるようにボートを漕ぎながら潮の流れに船の動きを任せている。
最初のアタリがきた時(出漁した日の昼頃)
①そのとき、綱を見守っていた老人は、あの生木の枝の一つが、ぐっと傾くのを見てとった。
「よしよし」と彼はつぶやく「わかったよ」そういって、舟をがたつかせないように、そうっとオールをおさめた。彼は綱の方に手を伸ばし、右手の親指と人差し指でやわらかくそれをおさえた。引きも重みも感られない。彼は軽く綱をおさえたままでいる。
すると、またぐっときた。今度はまるで気を引いているような引き方だ。強さも激しさも感じられない。老人は軽く綱を持ったまま、それを左手で枝からそっとはずした。これでもう魚になんの抵抗も与えずに指の間から綱をいくらでもくり出すことができる。
しかし魚はまだ食いつかなかった。逃げてしまったらしく、ぜんぜん手応えがない。「逃げちまうわけはない」と老人はいった。「絶対、そんなはずはない、ただちょっとひと回りしているだけだろう。やっこさん、ひょっとすると、前に一度引っかかった経験があって、その時のことを思い出したのかもしれないぞ」なるほど、すぐかれは綱にかすかな手応えを感じた。いい気持ちだった。かすかな手応えが彼を満足させる。
が、次の瞬間、彼は何か手ごわいものを感じた。
たしかに魚の重みだ。
老人は綱をどんどん伸ばしていった。控えの巻綱の1本をほごしはじめる。それが指に間を徐々にすべり落ちていく。指先に抵抗はほとんど感じられないのだが、さっきの大きな重量感が老人にははっきり感じ取れていた。
②舟は北西に向かってゆるやかに流れていく。
③が、もぐる気になったら、どうしよう。底へもぐって死んでしまったら、どうしよう、困るなぁ。

ヒットから17時間後。

太陽が水平線にきらりとその頂をのぞかせる。
「やっと北へ向かって進んでいるなぁ」と老人はいった。

20時間後。

かれは綱をもっと張ろうとした。しかしそれはもう今にも切れそうなぐらい伸びていている。獲物が引っかかって以来ずっとそうだった。うしろへ反って引きに力を加えると強い手応えを感じた。もうこれ以上強く引くことはできない。ちょっとでも引いちゃいかん。と彼は思った。④うっかりひこうものならはりのかかっている切傷を大きくしてしまうだろう。そうすれば魚が跳ね上がった時、針が外れてしまうかもしれない。

22時間後。

ちょうどその時だった。魚は急に海底深くにもぐりこむ。
老人は不覚にもへさきに引きずり倒されてしまった。とっさに身を引いて綱をくり出したので助かったが、さもなければ、すんでんのところへ海の中に引っ張り込まれるところだった。
「やっ、だいぶ速度が鈍ったな。」と老人はいった。
マグロを食べた。

23時間後。

そのとたん、かれは左手に引きの変化を感じた。見ると水中の綱の傾斜がちがってきている。
「この舟より2フィートも長いぞ」老人は呆然としてつぶやいた。
つなはすさまじい速さで、しかもなんの乱れも見せずにすべりだしていく。魚はすこしもあわてふためいた様子がない。老人は両手で綱を引っ張り、それがあやうく切れそうになるところを巧みにさばいていた。かれにはわかっていたのだ。もし適度の引きを加えながら魚を逃がしてやらなければ、魚は綱を全部たぐり出して、あげくのはてには、引きちぎってしまうだろう。
昼ごろ、老人の左手のひっつりがなおった。

31時間後。

シイラを釣って食べた。飛魚も2匹胃の中にあった。オールを2本ともに結びつけ舟に抵抗をつけた。その後老人も少し眠った。

36時間後。

突然魚が何度も、何度もジャンプを繰り返した。
その後、飛魚を食べた。

41時間後。

老人が海に乗り出して以来、三度目の太陽が昇る。そのころになって、魚はようやく輪を描いて回り始めた。
銛の用意はもうとうにできている。それには軽い綱がとりつけてあり、ぐるぐる巻きにして円いカゴの中にしまってあるがさらにその端にはへさきのつなぎ柱に結びつけてあった。
魚は輪を描きながらだんだん近寄ってきた。
老人は手元に引き寄せようとして全力をあげている。瞬間、魚はぐらりと横腹を見せたが、すぐ立ち直って再び輪を描きはじめる「おれは、やつを動かした」と老人は声を上げた「とうとう動かしたぞ」が、またもや老人は気を失いかけた。が、全力をふりしぼるようにして大魚にしがみついている。
老人は綱を放し、片足でそれをおさえたかと思うと、銛を思い切り振り上げ全身の力をこめて、しかもそれまで身内に残していた以上の力をこめて、それをぐさりと魚の横腹に突きたてた。ちょうど胸ビレのうしろあたりだった。そこが老人の胸ぐらいの高さに浮き上がっていたのだ。とがった鉄の棒が魚の体にもぐりこむ手ごたえが感じられた。彼はそれに覆いかぶさり全身を預けて相手の胴体深くぐいぐい突っ込んでいった。魚がヒットしてから48時間後のことである。

それでは、アンダーラインの①~⑤について御説明します。

アンダーライン①

魚のアタリを告知をする装置ではリールでは「クリックボタン」にあたります。ラインを引き出すと「ジー」と音が出ます。
この生餌での釣りは、ルアーつりとは処方がが違います。生木の傾きを見てとったら、ラインをどんどん送り出して肴がえさを呑み込んでから、フックアップします。

アンダーライン②

リールでは「ドラッグ」という装置が引き受けます。
この場合ボートを曳いていく力より、綱の郷土が大きいのでOKですが、一般的にビッグゲームの場合、ドラッグ値が9kgでラインが引き出される設定が多いです。

アンダーライン③

特にカジキつりの場合、ヒットしてから初期の段階でカジキを興奮させると一気に潜り込んで死んでしまう場合があります。200m以上潜られると水圧と魚の重みで沈んで行きますのでランディングできない場合もあります。

アンダーライン④

ビッグゲームの場合、時間がかかってくると針のかかっている傷口が大きくなって針が外れる(フックオフ)が多くなります。対策は、ラインをゆるめないことです。

アンダーライン⑤

ビッグゲームの場合、大きな魚は、弱ってくると浮いてきて時計回りに回りだします。

次回は、トローリングのタックルについてです。

その3「魚の居場所を特定する」

2011-11-22

黒潮において、魚の居場所を特定することは、さほど難しいことではありません。

黒潮の回遊魚達は季節毎にその水温通りに必ずやってきます。

その水温にその魚が必ず居るかというのは分かりませんが、その水温に達することで、その魚が来ている可能性は大きくなります。あとは、その付近の漁港の水揚げの情報やKOLKおやじに確認することです。

黒潮の一番水温の低い時期は、12月~1月、17℃~18℃。
この時期の魚は、ビンチョウマグロ(トンボシビ)、クロマグロの大型のもの、本ガツオの大型のもの(15㎏ぐらいあります)等で、100㎏を超える大きなクロマグロが串本沖でも釣れることがあります。漁師さん達は、ほとんどジャンボ仕掛けで釣ります。
2月~4月、水温18℃~20℃までで本ガツオやヨコワ(黒マグロの子)。10㎏前後をひっさげと云います。
5月の連休が過ぎて水温が21℃ぐらいまでがカツオの最盛期(トローリングでの)ですが、水温が20℃を超えると、シラス(色々な魚の稚魚)が出てきます。こうなるとカツオもルアーでは釣れにくくなり6月以降はカツオの1本釣漁船の出番です。散水をしながら生きたイワシをパラパラ撒きながら1本々釣り上げるのです。

23℃を超えてくるとシイラやカジキ類が本格的にやってきます。例年5月の終わりから6月の赤いアメリカンデイゴの花が咲く頃に初マーリンの情報が聞こえてきます。

26℃を超えるとカマスサワラ(沖サワラ)が来ます。1.5m、15㎏ぐらいのものです。ここから真夏のカジキの季節の到来です。主にクロカワカジキ、シロカワカジキ、シーズンはじめはマカジキです。

7月、8月、水温も29℃、30℃にまで達します。

9月に入ると、カジキはどんどんいなくなり、カマスサワラ(沖サワラ)と大型のシイラやバショウカジキが2マイル~3マイルの沿岸域で釣れます。10月水温も25℃を下回りますと、カジキ類はすべていなくなります。そして21℃により近づくと、戻りガツオがやってきます。戻りガツオはシーズンが短くて、20℃を下回ると又ヨコワ(黒マグロの子)のシーズンになり、又翌年も同じ繰り返しが行われるのです。

海水面の水温分布図又、特にカツオやカジキを狙う場合は、私の黒潮塾のホームページからお役立ちリンク集をクリックして次に海面水温分布画像検索(人工衛星NOAA)をクリック。色分けした海面水温の拡大図を見ながら、目的の海域の水温差の有る場所にカーソルを当てると緯度経度が出ます。これをメモして翌日その場所へまっしぐらに走る事です。途中で、漁船が多くトローリングをしていたとしても気をそらさずに、目的地へ走らないとスカタンを喰らうことが多いですよ。

 

その現場では、次の5つの項目を狙ってトローリングを行ってください。

パヤオ、漂流物、沖の瀬は、その500m範囲は大物がひそんでいることが多い。潮目は、水温の高い方と水色はきれいな方を曳いてください。カツオの場合、トリヤマは大物で、トリが飛ぶ先端が魚群(ナブラ)の先頭が有り、その先頭を自分のボートの後につけることが重要です。
パヤオ、漂流物、沖の瀬は、その潮上に魚が居ます。

パヤオ(浮き漁礁) パヤオ(浮き漁礁)
パヤオの周辺は回遊魚が足を止めるため、シイラ、カツオ、マグロなど好ターゲットがヒットする確率が高い。但し、一般に開放されていないものがあるので要注意。
潮目 潮目
潮流と潮流のぶつかり合う境目。トリヤマや漂流物を発見する目安となる。
 漂流物 漂流物
流木、流れ葉、枝切れなど漂流物の物陰を好む小魚を追ってシイラが集まる。漂流物は古ければ古いほど確率が高い。
 鳥山(トリヤマ) 鳥山(トリヤマ)
シイラ、マグロなどの大型魚に追い詰められた小魚を狙って海上を鳥たちが目まぐるしく飛び交う。
 沖の瀬 沖の瀬
海底の大きな起伏のある所で水深が50~60mと浅くなっているところ。

その2「魚をつる」について

2011-11-08

その2「魚を釣る」について

たかが釣りに「なんで宇宙がでてくるの?」と考える方もおられると思いますが、「魚が釣れた」というのは、たまたま釣れたとか、偶然釣れたとということですが、「魚を釣る」という行為は、その魚の生態適水温、海域、季節等あらゆることを特定できなければいけません。その上、釣具が重要です。

例えば、職魚者さん達は、お月様の旧暦を使いこなし、多くの知識と経験で「魚を取る」ということを職業とされています。トローリングは防波堤の上で魚が来るのを待つ釣りではありません。目的の魚の居場所を特定して攻めていく釣りです。いわばハンティングです。だからこそ、自然界の摂理や天候を詳しく知る必要があります。自然界での安全を確認しながら行かないと命まで失いかねません。

さて、日本の南岸を西から東へ流れる暖流は黒潮と呼ばれます。黒潮はところによると幅40マイル、流速は2ノット~10ノットにも達するもので、水温は17℃~30℃にまで変化します。黒潮は遠目で見ると黒く、そばで見ると美しいインクブルーです。ハワイ諸島を流れる暖流も黒潮の延長線上の同じ潮です。だから同じ魚達が居ます。

江戸時代は黒潮のことを黒逆川とか桔梗水と呼ばれていました。江戸時代は、この黒潮にのって荒れた冬の海を紀伊国屋文左衛門がみかんを運んだことは有名です。

又、この黒潮は年々によって蛇行します。例えば紀伊半島に接岸する年もあれば、大きく大蛇行をして離れる年もあります。土佐のジョン万次郎が漂流して沖ノ鳥島に流れ着いた年は黒潮の大蛇行があった年で、平年は黒潮本流は沖ノ鳥島付近を流れることはありません。

黒潮が接岸するか、又離れるかで漁業者もレジャーボートの方々も一喜一憂するのです。

それは黒潮の本流の中には魚はいませんが、その流れの両側の側沿水には多くの流木や流れ藻等が有ります。
この流れ藻こそが雑魚が育つ住家であり餌場なのです。トローリングの対象魚は、そのほとんどが回遊魚であり、フィッシュイーター(魚を喰う魚)です。

黒潮のその流れは海の中の山(海嶺)や島々に当たり、海底の栄養塩等が海面に押し上げられ潮目を造ります。
その潮目に太陽の光が当たり光合成が行われ、植物性のプランクトンが沸き、それを動物性プランクトンが食べ、それを雑魚が食べ、その雑魚をより大きな魚が食べて食物連鎖が起こるのです。
回遊魚達は多量の産卵をするのですが、そのほとんどが餌となります。成魚になるのは一握りの魚です。カレラハ50cmぐらいまでは、様々な種類の魚で同じ大きさのものが一緒に行動します。
それは食べられない為にです。
そして、その流れ藻の中には、ありとあらゆる南拾種類もの魚の雑魚が棲んでいます。アジ、サバ、イサキ、様々な鯛類等。昔から「黒潮の幸」とはよく言ったものです。

この魚達の成魚がいつどこへ現れるかを特定しなければいけません。

コルクおやじ

宇宙を理解する

2011-10-25

今回から2週毎に連載を開始します。

その1
まずは、宇宙から理解しないといけません。
恒星の太陽とその惑星である地球。地球の衛星である月が27日で地球を1周します。
そして、地球の自転やコリオリの力、偏西風や貿易風、その他の力により海に海流が起こります。

我々の住む日本の北太平洋では、暖流が時計回りに循環しています。
まず、赤道付近で太陽に暖められた海水は、東から西へ流れ北赤道海流となり、フィリピン沖から北上、日本の南岸を流れ(一部は日本海へ流入)金華山沖からアラスカ、またはハワイ諸島へ、カリフォルニア海流として南下、北赤道海流に合流するといったメカニズムです。

この暖流が、我々の対象魚のほとんどの魚を運んできます。それは、その魚の適水温通りにピタリとやってきます。

ヘミングウェイの老人と海のサンチャゴじいさんの云うように海はお月様が支配しています。
汐の干満や様々な変化が月の引力によって作用しています。アメリカの言い伝えによりますと魚の良く喰う時合は、まずお月様が地球の真上にある時。次に真下にある時、次は真横にある時の順になります。

ビッグゲームの場合のゴールデンタイム(ヒットの多い時間帯)は、その日の干潮か満潮の1時間前後になります。

その2は、魚の生態について2週間後にアップします。

コルクおやじ

Copyright(c) 2010 KOLK All Rights Reserved.