ビッグゲーム

「トローリング入門」で説明した基本をもとに、「ライトトローリング」のページではカツオやハマチなどの小型魚の釣り方を解説しました。いよいよ究極のフィッシング「ビッグケーム」の対象魚、「カジキ」・「マグロ」の釣り方を紹介します。釣りをされる方であれば、一生に一度でいいからあの鋭く突き出たビル(上顎)をもった「カジキ」、そして夢の巨魚「クロマグロ」を釣ってみたいと思われるのではないでしょうか。このコーナーが、夢を現実にする少しばかりのお手伝いになればと思います。

2.マグロを釣る

■一生に1本、夢の巨魚 クロマグロ


紀伊半島でのマグロ釣りは、例年正月明けからカツオが本格化する3月頃までの間です。この時期は西高東低の気圧配置が多く、北よりの風が強い時期です。地元の漁師さん達は西高東低の気圧配置が崩れて北風がゆるむ合間をぬって出漁します。

この時期のマグロのポイントは、本州から見て黒潮の向こう側 (南側)の側沿域です。黒潮はここ10年ほどは潮岬南20マイルあたりに安定していますが、黒潮の幅を約40マイルとしますと、紀伊半島から約50~60マイルほど沖になります。そのため我々のようなプレジャーボートではその海域まで行くことはできません。私はもっぱら漁船に乗っけてもらっています。

マグロは、主にビンチョーマグロ(トンボシビ)、メバチマグロ(バチ)とクロマグロ(本マグロ)が釣れますが、ときには15キロもある大きな種ガツオがまじります。クロマグロは毎年1~2本、この曳き釣りで上がります。

紀伊半島ではマグロは勝浦漁港に水揚げすると価格が良く、大きいクロマグロは1キロ当たり2万円もするときがあります。200キロを釣ると400万円にもなります。日本の曳き縄漁の漁師さん達のほとんどが、カツオ釣りで生計を立てていますが、一生に1本このサイズのクロマグロを釣るのが漁師さん達の夢なのです。と、このように言うと「なんだ我々には無理じゃないか」と思う人もいるかもしれません。しかし、我々にもマグロを釣るチャンスがないわけではありません。

5月から6月になると、四国の室戸岬沖では50キロから60キロのキハダマグロの水揚げが増えます。また紀伊水道の日の岬の少し南では大きなマグロがボイル(エサを補食しているところ)しているのが目撃されています。切目岬(日の岬南)の沖、水深30メートルくらいの瀬で、ジギングにて35キロのクロマグロが釣られたこともあります。

現在キハダマグロの日本記録(オールタックル)は、京都のチーム古都の水野武人さんが69.7キロを50ポンドのラインで釣っています。この時は私も同じボートに居合わせてリーダーを取らせていただきました。

この年(1999年)7月の串本のトーナメントの最中でしたが、この日はほかにも数本同じくらいのサイズが上がっていました。 『チーム古都』の水野武人さんが上げた69.7キロのキハダマグロ(串本ビルフィッシュトーナメント / 1999年7月)

■フックアップが勝負 秘密兵器トバセ

まず巨大魚を釣るための最初の難関は、フッキング(針がかり)です。マグロは口が硬い魚なので、ロッド&リールで釣る場合は、ヒットするとただちに全速で200メートルほど(約10秒)船を走らせてフックアップさせます。ルアーで釣る場合と生餌で釣る場合では、フックアップの方法がまったく違います。

ヘミングウェイの小説『老人と海』に出てくるサンチャゴは、生飼にイワシや小さなマグロ、ヒラマサ、ツムブリなどを使い、生木の切り枝に仕掛けをひっかけて、生木のしなりでアタリ(ヒット)を見ながら、ヒットしたらロープを送り出し、魚が餌を十分飲み込んでから一気にロープをたぐってやわらかい内蔵にフックアップさせます。ロープも鉛筆ほどの太さですが、これは今回の仕掛けと同じです。

ルアー釣りの宿命として、硬い口にフックアップさせなければならないことが挙げられますが、曳き釣りでは「トバセ」という独特の切り糸の仕掛けを使ってフックアップさせます。


トバセとは0.5ミリくらいのタコ糸(錦糸)を5本から12本ほど束ねたもので、3カ所ほどに使います。まず12本束ねたものをタカヤマの先端と仕掛けの間に、次に5本束ねたものを、センターリガー(ジャンボ竿)の根元、さらにロープの入った縄カゴのそばの船べりとロープの間に接続します。

魚がヒットした瞬間に12本のもの、そして5本のもの、また5本のものと順に「バシッ、バシッ、バシッ」と糸が切れていきます。切れてテンションがなくなり次の糸でテンションがかかる、また切れてさらに次の糸でテンションがかかる、その瞬間のテンションでフックアップさせるわけです。 左の細いロープの束が トバセ。これにテンションがかかると切れる。

■大きさ、長さ、重さ 豪快なジャンボ仕掛け


話は前後しましたが、紀州のマグロ釣りといえばジャンボ仕掛けというのが定番で、これはセンターリガーを使う仕掛けですが、ジャンボ竿と呼ばれる10メートルあまりで元径が10センチもあるセンターリガーを立て、70センチから80センチもある大きなヒコーキ(ジャンボ)を曳く仕掛けです。

ジャンボの手前には水面上を跳ねるルアーが3つ、そして大きくたくさんの水しぶきをあげるジャンボとその後ろ20ヒロ(30メートル)にルアー。仕掛けの全長は100ヒロ(150メートル)にもなります。

ジャンボ仕掛けは図(中央)の通りですが、A点、B点、C点、D点で4つのルアーが接続されています。巨大魚がヒットした場合は、どのルアーであっても、そのルアーの接続点(A~D点のうちどれか)まで引き寄せて、ほかに用意した縄カゴの縄に接続し直して使います。そしてほかの仕掛けを絡ませないため、船を止めて、船のバウ側で魚とやりとりするわけです。

ビンチョーマグロ(トンボシビ)は20キロ以上のものを「大トン」、7キロから8キロぐらいのものを「小トン」といいますが、今回の仕掛け図は中央のジャンボ仕掛け以外、左右のアウトリガーの竿バナ、2番手、3番手から流しているのはすべて「大トン用仕掛け」です。

1月から3月のベイトフィッシュは主にサンマ、そしてトビウオです。ルアーヘッドは、あわびやメキシコあわびなどが多用されます。ルアーの形状に関しては基本的には水中での動きの良い砲弾型(パレット)を使いますが、ジャンボ仕掛けの手前3つのルアーに関しては、すべてオモリを入れたイカベイトのみのものを使います。

上の仕掛けは、漁船での曳き釣りを前提に発展してきたものですが、その理論やシステムは我々プレジャーボートにとっても必ず参考になるはずです。

■クロマグロの釣り方(友人横田さんの場合)


紀伊水道では、ここ数年クロマグロがコンスタントに釣れています。50キロくらいまでのものですが、ジギング船の乗合や、チャーターをするアングラー達によって釣られているのです。秋から冬にかけて、また翌年の春まで釣れる可能性があります。
右の図のように、御坊火力発電所の沖合いもクロマグロのポイントとなっています。

 

右の写真のクロマグロは、私の友人、横田浮さんが昨年印南の漁船をチャーターして釣ったもの。手に持っているのが30キロクラス、床にあるのは40キロクラスです。彼は日本各地に遠征する大物釣師で、もちろんトローリングは達人。このクロマグロを釣ったシステムを紹介しましょう。


タックルは80ポンドのトローリング用、リーダーはシーガー20号が50メートル、フックはイシダイ針14号。40センチほどのケプラの端を、ラインとリーダーにそれぞれ8の字結びでしっかりと結びます。これでクランキングリーダーとしてリーダーを最後まで巻き込めるわけです。クロマグロは、寄せてくるとかならず船の周りを回リだします。先のクランキングリーダーは、クロマグロが船の下に入ってしまわないように、一気に引き寄せてランディングするためのものです。

エサは生きたアジ(ライブベイト)で、頭と背ビレの間にフックをかけます。こうすると、どんどん潜って行きます。撒き餌も同様に生きたアジを使用。船は波にまかせて流しながら、撒き餌が船の下で固まらないように、ときどき船を動かします。このとき、数百匹、人によっては1000匹の生きアジを撒きます。ポイント図の付近で、撒き餌をしながら泳がせ釣りをしている船があれば、あまり近付かないようにしてください。


その他の釣り方としては、ジギング船ではもちろんジグを使いますが、ミノータイプも多用します。ナブラが立つと、足の速い船はナブラに近付いて、ミノーなどをキャストすれば良いのですが、ナブラが消えて潜ってしまうとジグを使って深場のジギングするか、移動しながら大きめのシンキングタイプのプラグを使用します。そして、釣り場は沿岸の30メートルライン前後の浅場が多いです。

クロマグロを狙って釣り場にいる漁師さんもあります。彼らも一番ヒット率の高いのは、やはりソーダガツオだといいます。そこで、カツオの仕掛けを使ってルアーを2号から1.5号の小さなものに変え、まずソーダガツオを釣ります。次に、釣れたソーダガツオの腹を上にして小脇に砲えます。


図にあるような針を使い、目と目を通したダクロン糸の両端にフックを掛け、数回ねじってから目の間のダクロン糸の下にフックの先を通します。タックルは50ポンドか80ポンドを使用します。また、カツオの曳き縄は10キロまでの魚が限度ですから、10キロ以上の魚を狙う場合は、ドラッグ装置のしっかりしたリールを使わなければランディングできません。

話をもどしますが、ライブベイトは生きているあいだはこの状態で数時間もつ場合もありますが、ベイトが死ぬと口が開いて潜らなくなります。

ほかにライブベイトがない場合は、死んだベイトの口を縫い付けて、リーダーとラインの間に潜行オモリを入れて曳きます。死んだベイトは字のごとくデッドベイトといいますが、ソーダガツオが余分に釣れたら、氷をきせて持って帰ってすぐに冷凍保管しましょう。新しいデッドベイトほど有効ですが、ポイントを変えれば、クエやサメ、それにメカジキも期待できます。ライブベイトやデッドベイトのトローリングスピードは3ノット前後が目安です。

1.カジキを釣る

■カジキ釣り in 紀伊水道



夏の紀伊半島沿岸は、10数年前に勝浦ビルフィッシュトーナメントが行われて以来、「ビッグゲームの本場」として定着し、6~8月いっぱいはカジキ釣り一色になります。今では、勝浦以外にも、串本、すさみ、鳥羽、そしてマリーナシティの和歌山フィッシングトーナメントと、紀伊半島でも5つのビルフィッシュトーナメントが毎年行われています。

思い返せば10数年前、関西で初めてのビッグゲームトーナメントとして、「勝浦ビルフィッシュトーナメント」が行なわれ、初代は『シスター』の大守さんが25フィート艇で見事にカジキを釣って優勝。翌年は『潮風』の大守さん(前出の大守さんの親戚)。このときは『湯山』の湯山さんもカジキをランディングしたのですが、残念ながらリーダーが伸びて規定の9.14メートルをオーバーしてファール。しかし、大会では大守さんも湯山さんも非常に紳士的に対応されたことを、今でも覚えています。 ちなみに、これは日本のビルフィッシュトーナメントにおいて初めてのファールでした。



というような色々なドラマが展開されつつ、その後は参加ボートも大会自体も着実に大きくなり、今では、前述の紀伊半島の大きな5つのトーナメントに、毎年200チーム以上が参加するようになりました。

トーナメントは、7月から8月に集中して行われますが、例年カジキが釣れ出すのは5月頃。水温が23度を越えて24度ぐらいになると釣れ出しますが、この頃から後は梅雨時になるので天候が安定しません。
やはり本番は、梅雨明けの7月後半。小笠原高気圧がどっかりと座って太平洋全体が凪の状態の紀伊水道は、いつも別世界となります。無線は「ヒット」の連続で、それぞれ水温や位置を確認しあいます。四国や中国、九州から来るボートも多く、いつも土曜日、日曜日には賑わいます。紀伊半島での各トーナメントでは結構カジキの数が多く上がることがあって、2ケタの数があったりカジキを2本釣っても優勝できなかったということもあります。


ここ10数年来、紀伊半島では黒潮の流軸の位置が潮岬南20マイルあたりに安定してありました。しかし5年ほど前あたりから黒潮の流れが乱れてきました。1998年、1999年の黒潮は紀伊半島に接岸し、大阪湾や瀬戸内海にまで温水が波及をした状態でしたが、2000年は逆に黒潮が離岸。5月のGWの時点では、潮岬南20マイルと遠く、ここ最近、毎年の黒潮の流れは予想のつかない、予断を許さない状況となっています。

それではここで、紀伊水道における例年のカジキ釣りのパターンをご説明します。


まず、情報の収集に欠かせない、無線についてですが、アマチュア無線の50メガヘルツ帯、周波数は53.12で合わせておけば情報は取れます。紀伊半島でのトーナメントでも、全てではないのですが、圧倒的にこの周波数を使うことが多く、普段の海上での使用も多いのです。

ポイントは、シーズンの初めは、黒潮本流の側沿水域(黒潮本流と沿岸水が接したあたり)。たとえば、潮岬の南10マイルから15マイルあたりが多く、カジキのシーズンが終る9月頃もこのポイントはヒット率が良いようです。


8月は最もカジキ達が沿岸に近付いて来ます。紀伊水道の奥の方(日ノ御崎付近)で釣れたり、沿岸から3マイル前後のところでも良く釣れます。「スモールボートでカジキを釣ってやろう」とお考えの方はこの時期がチャンスです。この頃は、”瀬付き”になり浅場の瀬や曽根、沿岸から3マイルや5マイルあたりにできる潮目がポイントになります。この時期の水温は、26度あたりまでは水温のできるだけ高いところがいいのですが、場所によっては30度にも達することもあります。こういう場合は、26~28度ぐらいの水温域を探すのが良いでしょう。


潮目は、いつも同じように、沿岸に並行に3マイル、5マイル、7マイルあたりにできます。時間帯によってはわかりにくい時もありますので、潮目を見失なった際にはボートを岸側へ近づけたり沖へ出していったりしながら潮目を探ります。また、鳥は、潮目の上を飛んで行くことが多いので鳥の動きもよく監察してみましょう。

■カジキルアーは動きが勝負

紀伊半島におけるカジキルアーの傾向としては、まずシーズン初めは外国製の大型ルアーなどに良くヒットします(年によってはラトルルアーが良い場合もあります)。また、その年によって流行というものがあります。

たとえば、大きなルアー(ヘッドの径が40から50ミリ、タコベイト12号ぐらい) が良くヒットする時や、小さいルアー(ヘッド径が30ミリぐらいまで、タコベイトやイカベイトが8号ぐらい)の方がヒット率が高い時など、これらはすべてその海域のベイトフィッシュの種類によります。

紀伊水道のベイトフィッシュはおもに「イカ」・「サバ」・「アジ」・「ムロアジ」など。瀬付きになると、ベイトフィッシュが小型になるので、ルアーも8号ぐらいの小型のものがヒット率が高くなる傾向にあります。

ルアーの材質は、たとえば2001年は牛の角が良くヒットし、白蝶貝や夜光貝も各トーナメントで高い実績を上げました。これは、その年の天候や水の色、ベイトフィッシュの状況などで刻々と変化します。

ルアーは、素材の善し悪しも大切ですが、やはり一番重要なのはその「動き」。いくら良い素材を使った良いルアーでも、ボートでの流し方、曳き方を間違えて動きが悪ければ「ダメルアー」になってしまいます。釣り場は、シーズン初めは黒潮の側沿水域が良く、これが8月になると高水温域も広がって紀伊水道の奥の方にもカジキが移動。いわゆる「瀬付き」という状態になります。


流すタックルは、4本から5本。ボートのスピードは、7ノットから9ノットぐらいがほとんどです。ボートスピードは一番大切なことですから、たとえば、すれ違ったボートのスピードが早いからとか、GPSが表示するスピードが遅いからといって、自分のボートのスピードを早めるなんてことはしないでください。自分のボートのスピードは、自分が流しているルアーやティザーの状態を見て決めなければいけません。

4本のルアーを流す場合も5本の場合も、すべてのルアーが一つの魚群を形成するように完全に動かなければいけません。

もちろんベイトフィッシュが弱ってイレギュラーな動きをするのは良いのですが、明らかにゴミが引っかかって異物感を感じる場合などは、カジキはそのボートに近づきません。これはフックにゴミが引っかかっている場合も同じこと。30分から1時間に1度は「ルアーチェック」をしましょう。

■タックル選びのヒント


ルアーを流すというのは、一つのバランスゲームです。流す場所は、アウトリガーのロングとショート、ストレートのロングとショート、センターリガーなど。その高さの違いからルアーの動きが変わります。

また、ルアーヘッドの形、重量、そしてボートのスピードでも変化します。ですから、ルアーを購入する場合も、そのルアーの製作者の意図を理解し、自分のボートならばどのポジションにそのルアーを使うかを頭の中で描けるようでなければいけません。

また、タコベイトとイカベイトのどちらが良いか、という話もあります。結論としてはどちらでもOKです。ちなみに、私はルアーの動きを考えてシングルフックを使用しているので、トラブルの少ないイカベイトを多用しています。ベイトの色で迷う方もいますが、イカを除いてベイトフィッシュはすべて2色が原則です。空からの天敵から身を守るため背は青く、また下からの天敵にわかりにくいように、腹はシルバーなのが普通です。

カジキは色盲なので、基本的に2色のコントラストが感じられれば色はその人好みで良いでしょう。

■状況を良く見て安全に楽しく遊ぼう

紀伊水道のポイントは、本船航路の近くが多く、「ヒット」から、ファイティング、ランディングの際、本船は理解していないので大変危険です。我々は赤いファイティングフラッグを掲げているので分かるのですが……。ですから仲間がファイト中の場合、本船の往来が多い時などは、タックルを片付けて、仲間のファイトのカバーに入るような配慮が必要です。

また、ファイト中のボートや動きがおかしいと思うボートの後を横切ることは決してしないことです。ヒット中のラインを切ってしまうなんて同じアングラーとしてとても悲しいことですから。

ビッグゲーム

「トローリング入門」で説明した基本をもとに、「ライトトローリング」のページではカツオやハマチなどの小型魚の釣り方を解説しました。いよいよ究極のフィッシング「ビッグケーム」の対象魚、「カジキ」・「マグロ」の釣り方を紹介します。釣りをされる方であれば、一生に一度でいいからあの鋭く突き出たビル(上顎)をもった「カジキ」、そして夢の巨魚「クロマグロ」を釣ってみたいと思われるのではないでしょうか。このコーナーが、夢を現実にする少しばかりのお手伝いになればと思います。


1.「カジキ」を釣る

アングラーならだれもがあこがれる「カジキ」とのファイト。 「カジキ釣り」は「猛獣狩り」だと思っています。文字通り命がけで、この魚とのファイトにのぞみ、そして仕留める。その興奮とスリル、ヒット、ランディング時の緊張感、見事ランディングしたときのボート上すべてのクルーに湧き上がる興奮は、まさにこの釣りが一人では釣ることができない、「チームワークの釣り」であることを物語っています。 夏の紀伊水道でのカジキ釣り事情等も含め、あこがれの釣り「カジキ釣り」を解説します。

コチラから ⇒ 1.カジキを釣る


2.「マグロ」を釣る

カジキがゲームフィッシングの最高峰なら、このマグロ釣り、特に水揚げすれば数百万円にもなる大型の「クロマグロ」を釣るのは、漁師さんたちにとっても一生に一度の「夢」なのです。われわれにもそのチャンスはあります。 200キロの巨大マグロでも、ロッド&リールを使わずに釣る漁船での曳き釣りを前提に発展してきた仕掛けの紹介ですが、その理論やシステムはわれわれプレジャーボートにとっても必ず参考になるはずです。 一生に1本、夢を実現するための具体的な方法を伝授します。

コチラから ⇒ 2.マグロを釣る


Copyright(c) 2010 KOLK All Rights Reserved.