南紀ビッグファイト「特別賞」に輝いた笹井康雄物語 4

2013-12-20

まだまだ騒ぐ笹井康雄アングラーの虫

188キロのクロカジキを真ん中に、歓声を上げるチームメイトの面々。「なんの!まだまだやれるぞっ」と、余裕の表情を見せる。

188キロのクロカジキを真ん中に、歓声を上げるチームメイトの面々。「なんの!まだまだやれるぞっ」と、余裕の表情を見せる。

さて最後に<エンタープライズ>の足跡を紹介しておきたい。

そもそも8年前、勝浦ビルフィッシュトーナメントで、笹井オーナーの知己をはじめて得た。その後6年前、和歌山の田辺市の内の浦港で、ボートをシーズン保管されるようになり、当時はブラックフィン38に乗っておられた。それからヤマハのPC41に乗り換えられ、トカラ列島にも遠征された。

バイキングの47になってからは、私もデッキハンドとして乗ったり、またボートのお世話もした。カツオのシーズンから、カジキの各トーナメントにも毎年参加するようになり、勝浦ビルフィッシュトーナメントの最後の大会の優勝チームである。こうした2度の優勝経験と、関西の各大会への毎年出場。それから2度のトカラ遠征、2010年の大洗、いわきの各トーナメントへの出場、冬のマグロ狙いの串本遠征・・・<エンタープライズ>での数々の釣行は思い出が尽きない。

それにつけてもこの<エンタープライズ>の強烈な格闘は忘れられない。

例えばカツオを釣るとき、30Lb~50Lbのロッド&リールで12本も流す。爆釣しだしても、それらは決してからまない。ウエットスーツの生地で作った手袋をはめて、思い切りラインを手繰る。魚を外すや、ラインをスルスルと、元通り流す。大物の30キロや50キロの魚がヒットしても、ロッドとリールだから必ずGETできる。カツオの30本くらいなら平気で釣る。

今回ヨットに乗り換えて、さては笹井さんのアングラー人生も、これで一服かと思いきや、とんでもない。話を聞けば、オーナーのアングラーの虫は、まだまだ騒ぐようでした。

やれやれ・・・。

《南紀ビッグファイト「特別賞」に輝いた笹井康雄物語 おわり》

 

 

bigboat13_9496_1詳しくは

ビッグボートセレクション(Big Boat SELECTION) 2013-2014
第14回南紀ビッグファイトトーナメント “ヨット”でクロカジキ188キロをゲット!

http://www.kazi.co.jp/public/mook/boat/bigboat/bigboat13.html

Copyright(c) 2010 KOLK All Rights Reserved.